基本料金無料で何枚でもFAX一斉送信可能です。

お役立ち情報②

送信曜日について

一般論では、火曜日〜木曜日の9 時〜18 時の送信が良いとされています。
これは、月曜日と金曜日は忙しく、ゆっくりDMを読んで貰えないから
ということです。

まずは、その対象業種のお休みを考えてください。
そして、その前後の日の送信を避けてください。

また、同じく業種特有の忙しい曜日を避けてください。
例えば、B2Cの業者なら、土、日、祝日です。

送信する日時も大切であるとの認識も必要です。

送信時間について

送信時間は、例外を外して9時〜17時までと思ってください。
ただし、相手先が個人事業主の多い業種は、10時から開始する方が無難だと思います。
また、例外というのは、相手先が大手の株式会社や自社の会員組織・取引先などで、夜中でも送信に問題がないことが確認できている場合のことです。

また、細かい時間帯の一つの考え方にWEBへの閲覧時間があります。
自社のWEB に見にこられる時間帯が、一番妥当な発信時間となります。

つまり、自社のサービスを必要としている方が一番、自社のサービスを探している時間帯だからです。

大事なFAXが有る場合、FAXDMは自然に破棄される運命にあります。
他のFAXに埋もれないようにする事を念頭に入れてください。

反応について

人間誰しも忙しい時には、DMなんて目にしません。
ある意味、当然のことです。
だから、相手の忙しい曜日、時間は送信を避けるべきです。

しかし、反対に「ほっ」とした時はどうでしょうか。
後回しになっているメールの返事、今後の戦略を練るなど人それぞれだと思います。
郵送のDMを開封することもあるかもしれません。

FAXDMも「ほっ」とした時に読まれる可能性が高いのです。
だから、あえて月曜日(休み明け)に送信するのも「アリ」なんですね。
ただ、人によっては、月曜日の朝1 時間忙しいだけの人から、
昼過ぎまで忙しい人まで様々です。

だから、お勧めしません。
しかし、業界の事を熟知されている方なら、計算が成り立つと思います。
業界によっては、忙しい日って決まっている場合もあります。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional